肺炎だと激しい咳が続くようになる


咳が続く場合は肺炎の疑いもあるので気をつけてくださいね。
肺炎はそこまで重い病気であるイメージはありません。

確かにきちんと治療していけばそこまで恐れるような病気ではないのですが、
こじらせてしまうと命を落としてしまう病気でもあるので
決して甘く見ることのできない病気です。

ただ咳が続くからといって絶対に肺炎とは言い切れないので決め付けるのは良くありません。
もしかしたら気管支炎かもしれませんし、ただの風邪である場合もあります。

スポンサードリンク

ですのでどれくらいの期間、そしてどんな咳が続いているのかをよく思い出してみてください。
2日から3日程度酷い咳が続いていたり、咳が出始めるとなかなか治まらない、
夜中になると激しい咳が出るなどの場合は早めに検査を受けてみるといいでしょう。

肺炎の場合は胸部X線検査をすると分かりやすいようです。
胸部X線検査をして肺に白い影がある場合は肺炎の疑いが高いです。
また、この他にも採決してどれくらい重度のものなのかを調べることもできます。

肺炎とは言っても人によって重さなどは変わってきますので
ちゃんと安心できるように詳しく検査してもらうといいですよ。

同じ肺炎でもマイコプラズマ肺炎に罹る人もいます。
激しい咳が続くのが気になる人は家で悩むのではなくすぐに病院へ行くようにしてくださいね。



posted by 咳止め at | 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。