花粉症でも咳が続くことがある


花粉症というと咳ではなくくしゃみであるイメージがありますよね。
毎年花粉症の季節になると多くの人がくしゃみを連発するようになるので
勝手にそういったイメージを持っています。
ですが、中には花粉が原因で咳が続くようになる人もいるんですよ。

花粉症は主に花粉が鼻に入り込むことによって鼻水や鼻づまり、くしゃみといった症状を引き起こします。
また、目に入ることもあるので目がかゆくなったりする事もありますよね。
酷い人になると目が真っ赤なってしまったり瞼が痛くなるまでかいてしまったりする人もいます。

スポンサードリンク

くしゃみも頻繁に出るようになるので辛い病気なのですが、
この花粉が鼻や目だけではなく口にまで入り込み喉に付いてしまうと
今度はそれに反応して咳が出るようになってしまいます。
ですので、花粉症の人が咳をするのはそこまで変なことではありません。

あまりにも咳が続くと心配になるかもしれませんが、
それは口の中に花粉が入ったことによるものの可能性があるのでそこまで深刻に考え込む必要はありません。
人によっては風邪にかかってしまったということもありますが、
特に何も無いのであれば花粉症が原因だと考えても問題は無いでしょう。

くしゃみや咳が続くのをどうにかしたいのであれば、
症状が出る前から薬を飲んだりして対策をし、マスクなども欠かさずに装着するようにしてください。



posted by 咳止め at | 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。