喉の痛みや咳が止まらない症状は重大な病気の前兆?


咳が止まらない、喉が痛いという場合はほとんどの人が風邪だと思うでしょう。
確かに咳が止まらない症状だったり喉が痛いというものの多くは風邪であることがほとんどですので
そこまで心配する必要はないでしょう。
ですが風邪自体は治っているのに咳が止まらなかったり喉が痛い状態が続くことがあります。

風邪が長引いているなと思ったら気管支炎や百日咳、気管支喘息などの疑いがあります。
気管支炎などになると咳が止まらない状況が2ヶ月以上続くことがあります。
喉の痛みも咳をしているお陰で酷くなることもあるので放置していると悪化してしまいます。

スポンサードリンク

特に問題は無いだろうと思っていると肺炎になっていたりすることもあります。
肺炎は他の人に感染させてしまうこともあるので
もしものことも考えて少しでもおかしいと思ったらすぐに病院へ行って
どんな病気なのか調べてみてください。

そこまで重大な病気でなければ良いのですが、結核や肺の腫瘍、大動脈瘤などなど
恐ろしい病気に罹ってしまっている可能性も十分に考えられます。
他人に感染させると自分だけではなく周りの人にも迷惑をかけることになりますし、
放置していると手遅れになってしまうような病気もあるので注意しましょう。



posted by 咳止め at | 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。