咳が続く、肺が痛いのは何かの病気だから?


咳が続くだけでなく肺も痛いとなると
ちょっと変な病気に罹ってしまったのではないかと不安になりますよね。

肺なんて滅多に痛くならないので心配にもなりますが、
もしかしたらそこまで大したことではない場合もあるので
冷静にどんな病気が考えられるのか調べてみるようにしましょう。

肺が痛いという場合はゼイゼイしているか確認してみてください。
肺がゼイゼイしているのであれば少しだけ肺炎を疑ってみるのもいいかもしれません。

続きを読む
posted by 咳止め at | 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

痰がからむような咳が続く場合に考えられる病気


痰がからむような咳が続く場合は感染症が疑われます。
ウイルス感染症の場合は決まって痰が出てくるので、
痰がからむ時はどんな状態でどんな色をしているのかよく見てみると良いかもしれません。

あまりまじまじと見つめたいものではありませんが、
何の病気なのか痰から調べることもできるので痰がからむような咳が続くのであれば
自分なりにどんな病気が考えられるのか調べてみるのもいいでしょう。

続きを読む
posted by 咳止め at | 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

痰からでも熱はないのに咳が続く原因を調べられる


熱はないのに咳が続くという場合は風邪ではなく肺炎や気管支炎などの可能性があるようです。
長い間咳が続くのは肺や気管支といった所が炎症を起こしていることが多いので
肺や気管支に関係のある病気が疑われるのだそうです。

病院でも熱はないけれど咳が続くと詳しく説明すれば正確に診断することができるのですが、
ただ単にこういった症状が出ているというだけで
簡単に気管支炎や肺炎といった病気にすることはできません。

きちんと何の病気であるのか調べるためにレントゲンやを取って検査をすることがあるので、
ちゃんと調べてほしいのであれば詳しく検査してくれる所に行ってみるといいですよ。

続きを読む
posted by 咳止め at | 原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

息苦しいと感じるくらい咳が続くなら気管支喘息を疑おう


息苦しいと感じるくらい咳が続く場合はこれ以上悪化してしまうことの無いように
出来るだけ早く病院へ行くようにしてください。

主な症状は咳が続くというだけで他に目立った症状が無いのであれば
咳喘息である可能性があります。
ただ、咳喘息の場合は息苦しいと感じることはないので、
もし咳が続く症状の他に息苦しいとも感じるのであれば他の病気を疑った方がいいかもしれません。

息苦しさと咳が続く症状の二つがある場合は気管支喘息であることが考えられます。
気管支喘息だと息がしにくくなるほど息苦しいと感じたり、
呼吸をする時に喘鳴というゼェゼェやヒューヒューといった音がします。

続きを読む
posted by 咳止め at | 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜だけ咳が続くのは咳喘息の疑いアリ


一日中関係なく咳が続く人も多くいると思いますが、
中には夜間だけだったり早朝だけ咳が続く人がいます。
一定の時間だけ咳が出るというのも不思議な話ですが、
こういった症状、実は重要な判断材料になるんですよ。

日中は問題なけれどになると決まった咳が出る、の間だけ咳が続くといった症状の場合は
「咳喘息」である可能性があります。
咳喘息の症状は咳だけで他には特にこれといった症状がありません。

ただ、だったり早朝になると咳が酷くなることがあるので分かりやすい病気でもあります。
人によっては布団に入って身体が暖まると咳が酷くなるという人もいるようです。

続きを読む
posted by 咳止め at | 原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。